コラムトップイメージ

ファルセットと実声は同じなんです!

ボイストレーニングコラム
第6回目

今回のコラムは実声とファルセットについてです。

皆さんの中には、実声とファルセットは全く違うものと捉えている人が多いと思います。でも実はファルセットと実声は、同じ物でなければなりません。

よくオーディションなどで見かけるのは、実声とファルセットがまったく違うものになってしまっている人です。実声は太く、ファルセットに行くと急に細い貧弱な声になる人が多く見受けられます。ではなぜそのような事は起こるのでしょうか?

それは、実声とファルセットが全く違うところから出てしまっているからです。最近チェストボイスとか、ヘッドボイスとか、ミックスボイスとかをやたら使う生徒さんを見受けます。結論から言うと、そんなものありません。声は正しいポジションから出ていると、勝手に正しいポジションに響くのです。「それを胸に響かせよう!」とか、「頭に響かせよう!」とか思った瞬間に、声は全く違うポジションから出てしまいます。その結果、全く異質な実声とファルセットが出てしまうのです。

ではどの様にボイストレーニングをすれば良いのか?まず口を閉じて、口の中の空洞を全く無しにしてみてください。そして自分の得意な音を、できるだけ小さい声で、弾きながらハミングしてみてください。どこに響いていますか?これは人それぞれ感じるところが違うのですが、そのポジションを覚えて、そこから全ての声が始まる感じで「あ あ あ」 と言ってみてください。音階を変えてもう1度。全て全ての音程が同じところから始まるよう、練習してみてください。上に行くにつれて、違うところにいってませんか?

ほぼ100%の人が、だんだんズレてきます。そこでファルセットを使うのです。高い声にいった時はファルセットでやってみてください。すると同じポジションから全ての声を出す事ができるでしょ?実声でもそのポジションから声が出れば、高い音など何にも難しくありません。 逆にこれができなければ、どんな練習をしても、きれいに高い音は出ません。歌が上手くなりたいなら、がんばってトライしてみてください。

Copyright(c) 2017 Music Bunker Inc. All Rights Reserved.