歌がうまくなる方法 ロングトーンについて

ohishi-column



第3回 声を出さずにロングトーン

声を出さないでロングトーン? 何のこと? と思ったか方も多いでしょう。この声を出さないでロングトーンが歌を歌って行く上ですごく重要なことなのです。
でも声を出さないでロングトーンなんてどうやってするの? 答えはハミングです。(まったく声が出てないわけではありませんね) ハミングと言いましても色々ありまして、ここで言うハミングはポップス歌唱用のハミングです。では他に何があるの? クラッシック歌唱と言うのもあるのですが、やり方が少し違うのです。
ここで何が違うか全部書くとなが〜〜〜〜くなってしまいますので、書きませんが、口の中を空洞なしに全部閉じてハミングしてください! と言うことです。 口をとじてハミングすると、当然口からは息が出ません。ではどこから出るのでしょう? 正解は鼻の穴。 鼻の穴しか出るところがありません。その鼻の穴からゆっくり息を出しながら、「ん〜」と言って見てください。 どうですか? 喉の辺りと鼻がぶるぶるしてませんか? そしてお腹が、ゆっくりへっこんできていますね? ではそのまま半音あげてみてください。次はどうなりましたか? おなかがもっとへっこんで鼻から抜ける息の量がちょっと多くなった気がしませんか?そして序所に音程を上げていったら、ある音域に来たとたん声が突っ張りはじめて、喉がしまった感じがしてきましたね? そこで意識的に鼻から出ている息のスピードを少し上げてみてください。
どうですか? すこし声に突っ張りが無くなり、喉の絞まりもなくなりましたね? これは息を使う楽器すべてにおいて同じことなのですが、高音を出すとき息のスピードを早くして、息を吹き込むのです。管楽器を吹いたことがある人はわかると思いますが、息が流れてないと高音が出なのです。 声にも同じことが言えます。高音に行くにつれて、声門は強く閉まろうとしてきます。もしそこにその声門の閉まりを支える事ができる息の圧力がないと喉は絞まろうとしてきます。しっかりした息の圧力があれば、喉は絞まる必要が無いのでしまりません。 声門が閉まるのと喉が絞まるのはまったく意味が違います。 でもほとんどの人が、高音に行くと息を止め激しく喉をしめ声を絞り出すのです。
反対〜〜〜〜〜。 反対の事をすれば声は簡単にでるのに〜。 でもこれがなかなか出来ないのです。 今までに付いた癖とは恐ろしいものです。が、正しい指導をうけて自分が十分に理解すれば必ず直りますのでがんばってレッスンに励んでください。 よく昔、トレーナーに「歌は息でうたうんだよ」と言われました。確かにその通りです(それだけでもありませんが・・)。
上手い歌手の人の歌を聴くと息の上に声が乗っかっています。逆に下手な人は声が突っ張って、音程が下がって、語尾の処理も上手くできてません。よくカラオケで語尾を伸ばしてるときに 音程が不安定になって、音が外れていく人いてますよね。これは安定した息が流れていないために起こる現象なのです。それを改善して行く上で必要なのが、ブレスコントロールです。
ではどうするか説明します。 まずはじめは、口で「スー」と摩擦音を出しながら、なが〜く息を吐いていきます。その時に、「スー」という音が途中で、高くなったり、低くなったりしていたら、まったく一定の息が吐けていない証拠です。なるべく一定に息が吐けるようにがんっばって見ましょう。息がなくなってきたときに不安定になりがちになりますので、息を切る最後の最後まで同じ息を吐き続けるようにしてください。 でもここで注意点が一つ。 最後苦しくなってきても絶対に、胸を締め付けて、押し出すのは禁物です。
それでは逆に肺を痛めてしみます。必ずおへその下5センチぐらいのところを上に突き上げるように出してください。 それを1日20本ぐらい練習して、安定した息が吐けるようにボイストレーニングをがんばってみてください。

arrow TOPに戻る