歌がうまくなる方法 腹式呼吸について

ohishi-column



第2回 歌がうまくなる二歩目は呼吸法

今回のコラムは呼吸法についてです。
「呼吸法」この言葉を聞くたびに僕がレッスンを受けた色んな先生を思い出します。色んな事いわれました。 この呼吸法によって、歌がうまく歌えるか歌えないか決まる といっても過言ではないくらい重要なことです。 が、先生によってぜんぜん教え方が違うのもこの呼吸法です。
結論から言えば効率よく息を出して声帯を振動させられればいいのです。 でもその方法がわからないこのコラムを読んでいる人の中にはそう思っている人がいっぱいいるでしょう。 また色んな先生のボイストレーニングを受けて「どの方法を信じたらいいかわからない」という人もいるでしょう。 では実際どうすればいいか。皆さんは普通に話しているときお腹はどうなっていますか?自然にへっこんでいきますよね? なのに歌を歌うとなぜか違うことをしはじめる。ここにうまく歌えない大きな原因があるのです。歌は話しているときの延長線上です。ただ音程がつき リズムがつくだけです。なのに歌い始めるとまったく違うおなかの動かし方をします。
ではどうして色んな先生が皆さんを混乱させるような呼吸法をおしえるのか。 それは皆さんの普段話している時に使っている呼吸法が、ちょっとだけ間違っているので、先生はそのちょっとを修正するために色んな事を言うのです。 そして皆さんはすごく難しく考えて、まったく違う方向にいってしまうのです。 先ほどちょっとだけ皆さんの呼吸法が間違っているといいましたが、それは何か。 皆さんのほとんどが肩や胸で呼吸しているのです。 俗に言う「胸式呼吸」というやつです。 胸式呼吸は歌の世界ではすごく悪者扱いされます。
なぜ? 胸式呼吸は胸郭を開いたり閉じたりして呼吸します。肺自体には筋肉がついていないので周りの筋肉の力を借りて、空気を取り込んだり出したりします。 ではなぜ胸郭を開いたり閉じたりして呼吸すると歌にはむかないのか? その答えは2つ。 まずひとつは、息を吐くときに同じ一定の量の息を吐き続けるのが難しい。 2点目はブレスで息を吸ったとき、上半身だけで息を吸うので 声のポジションが上がってしまって喉が絞まってくる。 まず1点目の一定の息が吐けないという事ですが、 これができないとどうしても語尾の処理が思うように出来なく なります。よくカラオケなどで、語尾になると「ピッチがさがっていて気持ち悪い〜」。と言う経験をする事がある思います。 それはすべて呼吸法に問題があるのです。
2点目のポジションが上がってしまうということですが、ブレスで息を吸うとき胸の高い位置で吸っていると、どうしてもブレス後の出始めの声のポジションが高い位置からはじめってしまうのです。これは歌にとっては大変マイナスな事で、ポジションが高いとどうしても薄い声しか出ないし高い声が出ないのです。 では逆に複式呼吸にはどんないい点があるのか。 それは胸式呼吸でマイナス点を上げましたが、まったくその逆の効果があるのです。 まず一定の息が吐きやすい。そしてブレスの度にポジションを正しい位置に矯正できるということです。
そのほかにもう1つ複式呼吸にはいい点があります。 それはリラックスです。 ステージの上に上がったとき必ず緊張しますね?。 横隔膜を使った複式呼吸は、副交感神経を刺激してリラックスさせる効果があります。 ここまでいい事ばかり書くと「ほんま〜?」と思う人もいるかもしれませんが「ほんま」です。 ただし正しくマスターした時のみです。

arrow TOPに戻る