歌がうまくなる方法 発声を曲の中で使う

ohishi-column



第9回 学んだ発声を曲の中で使う

早速今回のコラムのお題「トレーニングで学んだ発声を曲の中で使う」。
このコラムを書いてすでに1年近くたちました。皆さんもボイストレーニングに励んで折られることと思います。 そろそろ声が整ってきた事と思います。ではそのテクニックをどのように、曲のなかで使っていくかです。
いくら発声でいい声が出ても曲の中でつかえないとなんにもなりません。 そこでどうするか? まずいままで歌った曲ではない曲を選択してください。 今まで歌ったことのある曲は今までの癖で歌ってしまいがちです。 そうならないように、新しい曲をまずは感情をこめないで、今までボイストレーニングでならって 来た事を忠実に履行してみてください。
どうしても上手くいかないところは先生に聞き自分にあった歌い方を見つけていきましょう。 この作業が大変重要です。歌がうまくなるためには、自分自身だけで判断するのではなく、先生に意見を求め、はじめに癖がつかないように練習していきます。 それが完成したら次に感情面を足していきます。 ここまでできてきたら皆さんの道が見えてくるのではないでしょうか?
では皆さん、キチンとしたボイストレーニングを正しい方法で積んでいき、良い歌を歌ってくださいね。

arrow TOPに戻る