レコーディング環境

コマを使ってレコーディングへの振替

レコーディングを行うレッスン生

1ヶ月に持っているボイストレーニングのコマを利用して、レコーディングを行うこと可能。

例えば「4コマ」中、「2コマ」を消費して2時間のレコーディングをする事ができます。 担当トレーナーにご相談の上、事務局にご連絡ください。

演習目的のほかに、本レコーディングの用途としても活用できます。

レコーディング環境の重要性

ボイストレーニングとレコーディングの関係

  1. OUT:レコーディングで自らを成長確認

    課題点の確認と発見

  2. IN:「課題」をボイストレーニングに持ち帰る

    エラーの洗い出しと解消

このインプット/アウトプットの繰り返しこそが、最も成長が早いとされています。
ボイストレーニングと並行して定期的にレコーディング演習を組み入れましょう。

レコーディングの目的

レコーディングを行うレッスン生

ウィークポイントは改善されたか、新たな課題は出てきていないか、レコーディングを通じて、様々な角度から分析と提案をいたします。

レコーディングした音源は差し上げますので、後からご自身でもチェックしてみてください。

音源制作としての録音

本レコーディングでコマを使う

ボイストレーナー、レッスン生、事務局の関係図

オリジナル曲を持つようになったら、作品作りのためのレコーディングにコマを活用することもできます。

本レコーディングでは、担当トレーナーにディレクターを担ってもらい、別途エンジニアをつけて行います。

ホワイトボイス

ミキシングなども、コマ消化で依頼することもできますので、ご相談ください。

ページの先頭へ