HOME >> 代表者メッセージ

これから始める人が、着実に歌手になる方法

WHITE VOICE 運営責任者
株式会社ミュージックバンカー代表
水谷智明
twitterameba

president

私は年間400人以上の歌手(ボーカリスト)志望者と会います。ライブハウスで人から紹介受けたり、ネット経由で相談を受けたり、オーディション審査の場だったり、機会は様々です。 その中で多くの方の共通点として、最も痛切に感じること、それは 「歌手を目指すためのアクションや方法論に戦略が欠けている」ということ。 よくある例は、レコード会社に次から次へとデモ送付を送付し、闇雲にオーディション応募を繰り返す志望者たち。 一見彼らは行動的に見えますが、果たしてそれは正しいのでしょうか? 私にはむしろ、消極的なアクションに見えます。 なぜなら「当ればラッキー」という感覚で、拾ってくれる誰かを「期待して待つ」スタンスだから。 その実、決して自分自身を「売り込む」といった意図ではないのです。 自ら先に売れる根拠を示せなければ、絶対フックアップされません。 これだけは断言いたします。

「歌手になるため、今日からあなたが取り組むべきこと…」

それはオーディション雑誌をめくる事ではありません。 考えてみてください。今のあなたのままで、CDを全国発売しても良いのですか? 想像できますか?今のあなたままで、武道館のステージに立たされる自身の姿を。 もし間違ってデビューしてしまったら、本当の苦しみはそこから始まると思います。 「まだまだ実力不足なのはわかっている・・・でも・・・」 自分に向き合うのは勇気が要りますが、現実から決して目を背けてはなりません。

では今、あなたは何をすべきなのか? まず自らの価値(バリュー)を上げることなのです。焦らず、着実に、一歩一歩。 ボーカリストにとって前提となる価値、それは「圧倒的な歌唱力」。 歌手になるためのボイストレーニングで特訓を積み、 先に基礎力やスキルを上げてからにしませんか?

その先の目標設定、根拠ある戦略的なアクション

トレーニングと並行して、オリジナル曲を制作し、小さなところからライブを重ね、ネットを駆使して名前を広げ、少しづつファンを獲得していきましょう。 これから始める人が歌手を目指す、避けては通れない唯一&最短の道です。 「あなたでなければならない理由創り」、これが最重要テーマと心得てください。

自分の価値を上げ、世の中に通用するボーカルだと認められれば、チャンスは向こうからやってくるもの。 ひとりで闇雲に迷路を彷徨い、見えない出口を目指す時は終わりです。 これからは、一緒に道を切り拓きましょう。


 

【 水谷智明 】 株式会社ミュージックバンカー代表取締役。1999年、BEINGに入社。作曲/編曲/ミキシングエンジニアを担当し、「DJ ME-YA」名義で倉木麻衣や愛内里菜など、通算50作以上を手掛ける。活動の幅は音楽制作のみならず、テレビ出演、TV番組制作、レコーディング・スクールの講師、など多岐にわたる。一方でA&R・制作ディレクターとして商品企画から戦略立案、工程管理を行うなど、音楽ビジネスにも精通。またEZ着うたフルサイト「インディライズ(後のD style EZ)」の企画運営など、音楽配信分野においても実績を持つ。'03年、BEING内部にブラックミュージック専門レーベル「DAY TRACK」を設立。KEN-RYW、CIMBA、CRAFTなど、シーン発のHITアーティストを世に送り出す。'06年より、愛内里菜のライブDJとしても活動。'08年、愛内と共にユニット「INTER-D」を結成し、全国クラブにてライブ活動を重ねる。'10年、株式会社ミュージックバンカーを設立、同代表取締役に就任。数多くのアーティストやミュージシャンの養成とマネジメントを担いつつ、現役音楽プロデューサーとして新進気鋭のサウンドを生み出している。 ★作品経歴